レディ

白くて透明感のある肌にしたいならハイドロキノンがおすすめ

美容液

使用量を守って正しくケア

メディプラスゲルは、肌の状態に合わせてゲルの量を調節する必要があります。ベタつく場合は、1〜2プッシュの量でも効果的です。基本は4プッシュ程度ですので、乾燥するという場合はこの量を守ってケアしてみましょう。また、特に乾燥する場所は重ね塗りもおすすめです。

扱いかた次第で強力に効く

スキンケア

効果だけ得る方法

ハイドロキノンは色素沈着してしまった状態を改善してくれたり、シミをなくしてくれる効果があります。その他にもニキビの跡を薄くす効果も見込めます。ただ、刺激が強く使い方を誤ると逆に肌によけいなトラブルを起こしてしまいます。効果が高い成分をうまく使いこなすためには、使うさいにコツが必要ですがハイドロキノンもそのタイプです。まずは基本のパッチテストを行います。皮膚の薄い部分に試してみて、大丈夫であれば使うようにします。心配であれば顔の端など気にならない部分にも試してみましょう。炎症が起きたり赤くならなければOKです。使うときは、汚れた状態の肌ではなく洗顔してケアした後にします。成分が強いのでケアした後というのがポイントになります。きちんと化粧水や乳液といった基本ケアの後につけましょう。洗顔した直後ではなく20分ぐらいしてからハイドロキノンをつけてください。シミのみをケアしたい場合は、そこにだけつけるようにします。シミであればシミの部分です。そうするとそこだけ白く戻すことができます。ピンポイントにつけたい場合は綿棒といった細いものを使うようにしましょう。効果が出始め、シミが薄くなり始めたらそれで使用をやめておきます。いつまでも使い続けると肌にダメージをもたらすことがあります。ハイドロキノンのような強力な効果をもたらすものは、適度が大切です。使用する期間の見極めは効果の出始めを実感し、改善が見られ始めたころです。

水着の人

乾燥して荒れた状態でなる

アトピーの直接の原因となるのはホコリやダニなどかもしれませんが、肌がきちんと潤っていて乾燥による荒れなどがなければある程度発症を抑えることが可能になります。一度起こすと炎症やかゆみが続きますので、荒れる前からのケアが大切です。

女性

最大のメリットを引き出す

ホットクレンジングはメイクを落とすだけでなく、リラックスする事もできるクレンジングです。肌トラブルはクレンジングで必要な成分を落とし過ぎる事で引き起こされる場合が多いですので、やさしい使い心地のホットクレンジングをこの機会にぜひ使ってみるとよいでしょう。