婦人

白くて透明感のある肌にしたいならハイドロキノンがおすすめ

乾燥して荒れた状態でなる

水着の人

肌の機能は保湿で改善

アトピーは肌が乾燥した状態が繰り返されると起こりやすいです。肌を守る機能が乾燥により低下し、そこに外部からの刺激が加わりアトピーを発症します。刺激の要因となる物質は普段お肌がきちんと機能していれば問題にならないものばかりです。日常的にいるダニや花粉、ホコリや日光などがアレルゲンです。人によっては汗やアカ、フケなど自分の身体から出る物質でもアトピーを起こすことがあります。これらの物質が荒れた状態の肌に触れ、肌が過剰に反応して炎症を起こします。季節によりアトピーになる人は夏であれば汗が、春であれば花粉が、梅雨であればダニなどが関係しています。一度アトピーを発症してしまうと治りづらいですが完治できないわけではありません。薬できちんと治療しながら保湿ケアを十分に行うと完治は可能です。特にスキンケアで乾燥肌を防ぐことは若ければ若いほど効果を発揮します。最近では赤ちゃんでもスキンケアをします。ちゃんと保湿し、乾燥による荒れを防ぐことができた赤ちゃんはアトピーを発症しづらいことが分かっています。大人も効果がないわけではありません。保湿ケアを化粧水などでして乾燥を防ぐことで、アトピーによる炎症を抑えることができます。保湿ケアを行うときは、治療をしていないときがチャンスです。炎症が静まったときに保湿剤でお肌を潤してあげます。紫外線もアトピーにはよくないので、きちんと紫外線対策をすることも大切です。一日の始まりには潤いとUV対策を、終わりにはやさしく洗浄し保湿ケアをすることでお肌をアトピーになりにくい状態へと導けます。