婦人

白くて透明感のある肌にしたいならハイドロキノンがおすすめ

使用量を守って正しくケア

美容液

メディプラスゲルは化粧水・美容液・乳液・クリームと1つで、4つの機能を持つオールインワンゲル化粧品です。洗顔後に、メディプラスゲルでケアするだけでスキンケアが完了する、手軽さで多くの方に選ばれています。手軽にスキンケアできるのはもちろん、メディプラスゲルには66種類もの美容成分が含まれており、美肌効果にも優れているという点もポイントです。しかし、中にはメディプラスゲルでケアすると肌がベタつく、または潤い感が実感できないという方もいるようです。このような場合、肌に塗る量が間違っている可能性があります。メディプラスゲルは基本、使い始めは4プッシュ程度、その後は2プッシュから3プッシュ程度が理想です。ただ、この量はあくまで目やすで肌の状態に合わせて変える必要があります。保湿のみを目的とする、またはメディプラスを使用して肌がベタつくと感じる場合は、1プッシュから2プッシュ程度の利用でも良いでしょう。ここので注意したいのが、メディプラスゲルの作用です。メディプラスゲルは1プッシュから2プッシュで、肌の角質層に美容成分を与えます。そして3プッシュから4プッシュの使用で、肌に潤いの膜を形成して水分量をキープするのです。場合によっては1〜2プッシュだと、時間の経過と共に乾燥を感じるかもしれません。また、ケアしても潤い感が無いという場合は、使用する量が足りないケースが多いようです。基本となる4プッシュの量を守りましょう。目元やほうれい線など特に乾燥が気になる場所は、4プッシュの量を塗り広げた後、少量を出して塗り重ねてケアする事をおすすめします。